AnnotationGDPR

GDPR対応 アノテーション

GDPR対応を意識したアノテーション

昨今、自動運転や、地図データ作成、監視カメラ映像など、不特定多数の方々が映像及び写真に映り込んでしまっているデータが増えてきている現状があります。
AIの教師データ作成(アノテーション)時に、そのことが障壁になってしまう事例が出始めてきたのも事実です。
グローカルワンにおいても、お客様からのご要望でGDPR対応についての相談があり、いくつかの対応策の実施(検討事項もあり)を行っています。

GDPRとは

GDPR(General Data Protection Regulation)とは、2018年5月よりEU内にて適用が開始された「一般データ保護規則」のことです。EU内の全ての個人のためにデータ保護を強化することを意図していますが、EU域外への個人情報の輸出も対象となるため、EU域外の国でも大きな影響があると考えられています。

EEA(欧州経済領域=EU加盟27ヵ国およびアイスランドなど3ヵ国)の個人情報を域外へ持ち出し、処理をする際はGDPRの対象となり、

  • 個人が特定できないようにする
  • データ管理の徹底(削除依頼が来たときに対応するため)

といった対応が求められます。これらに違反した場合、年間売上の2~4%の罰金が課せられます

グローカルワンなら、GDPRにも対応

現在グローカルワンでは、GDPR対応に関して以下の施策を実施しております。

GDPR対応アノテーション

GDPR対応業務フロー整備

GDPR対応案件に関しては、GDPRの規定に沿った業務フローの見直しを行い、その対応フローにて作業をしています。GDPR対応のためにはデータの管理や徹底運用が必要不可欠です。グローカルワンなら、誰が・いつ・どこで・どのデータを扱ったかを徹底管理し、迅速に情報を取得することができます。

個人情報部分の半自動削除対応

個人情報を正しい手順で消し込むことでGDPR対応のデータを取り扱うことが出来ます。グローカルワンでは、この消し込み作業を迅速且つ正確に行うため、AIを用いてモザイク対象を自動付与し、さらに目視にてヌケモレがないか確認し修正対応を加える「ハイブリッド体制」を採用しています。

 


現在GDPRが障壁となっている、もしくは今後そのような可能性が考えられる企業様は、ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オフショア開発・BPOに関するご相談 / セミナー・展示会のお申し込み / 現地視察ツアーのお申し込み など
まずは、お気軽にお問い合わせください

お電話からのお問い合わせは

ウェブからのお問い合わせは

Contact